モンテッソーリとは?幼稚園選びで後悔しないために!

モンテッソーリ001 相談室(子育ての悩み・発達障害)
悩む母
悩む母

娘の幼稚園のことで悩んでいます。モンテッソーリ教育について興味があるのだけど、ネットで検索してみると、入園させて後悔したという記事を目にしたので・・

小学校とは違って幼稚園の場合、選択肢が比較的多いので迷うことも多いですよね。
「後悔」ということについては、実際の声を集めてみました。
また、私自身が小学校に勤めていた時のお子さんのことなども合わせてお伝えしたいと思います。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ002

モンテッソーリ教育は、イタリアのローマで精神科の医師として働いていたマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法です。

モンテッソーリ教育法では、「子どもたちは生まれながらにして、知ることを強く求めている」とし、「準備された学習環境の中で、選択と行動の自由が与えられた子どもたちは自発的に行動する」と捉えています。

また、人間の発達を4つの期間に分けて、特有の教育的アプローチを行っていて、世界的には幼稚園だけでなく大学まで設置されています。

ただ、日本では公的に認められた小学校はなく、幼稚園までの教育がメインとなっています。

4つの期間とは
① 出生〜6歳
② 6歳〜12歳
③ 12歳〜18歳
④ 18歳〜24歳

また、このモンテッソーリ教育を受けた有名人をあげるとこのような感じです。

モンテッソーリ教育を受けた有名人
・ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)
・ジェフ・ベソス(Amazon創業者)
・マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)
・ジョージ・クルーニー(俳優)
・バラク・オバマ(アメリカ元大統領)
・トーマス・エジソン(発明家)

このような有名人が受けた教育ということも、日本での人気を高めているのでしょうね。

モンテッソーリ教育の幼稚園でどうして後悔したのか?

モンテッソーリ003

このような素晴らしい人材を輩出している教育を行なっている幼稚園なのに、どうして「後悔した」というようなことが声がでてくるのでしょう?

<実際の声をまとめてみるとこんな感じです>
●施設の環境によっては、自由に動き回れる庭などがなく、室内で過ごすだけだと活発な子どもにはきついこともある。

●海外では大学までモンテッソーリ教育で学べるが、日本では基本的には幼稚園までなので、せっかくのいい教育が生かされ切れない。

●モンテッソーリの教員の資格試験はあるが、モンテッソーリ教育には教員の資質が大きな要となるので、場合によっては満足できないケースもある。

●モンテッソーリ幼稚園の数がまだ少ないので、選択肢が限られてしまい、通わせること自体が大変だったりする。

●幼稚園では、素晴らしい教材などの環境が整っているのだけど、自宅では子どもに頼まれてもその環境を整えることが難しい。

などなどいろいろとありますが、ただ言えることは、モンテッソーリ教育が悪いというわけではなく、日本での環境がまだ十分に整っていないことが大きな要因のようですね。

モンテッソーリの幼稚園で後悔しないための対策

モンテッソーリ004

モンテッソーリの幼稚園に通わせることで後悔しないために

まず、モンテッソーリ教育の内容をしっかりと理解した上で、家庭全体で同じ気持ちで子育てをしていくという覚悟を持つことだと思います。

将棋の藤井聡太さんもモンテッソーリ教育を受けてきたということで、その知名度もさらに上がってきています。

有名人の話が全面に出ると、どうしても教育の本質などが後回しになってしまいがちです。

モンテッソーリ教育のいいところをしっかりと理解し、実際に通うことになる園を見学するなどして、お子さんとの相性なども確かめた上で決めることが大切ですね。

せっかくの素晴らしい教育が、本当にお子さんのためになるようにするには、ご両親の心構えも大切です。

モンテッソーリ教育の幼稚園について

モンテッソーリ005

それでは、実際にどのようにしてモンテッソーリ教育を行なっている幼稚園を探したらいいのでしょう?

インターネット上には、全国のモンテッソーリ幼稚園のリストなどが掲載されています。

まずは、そうした情報を頼りに探してみることから始めてもいいでしょう。

あとは、候補に上がった園がそれぞれどの程度、モンテソーリ教育にそって運営されているのかということを見極める必要があります。

見極めるために大切なのは、ある程度の知識を事前に持っていることと、いくつかの園を実際に見て、比較することだと思います。

ひと口にモンテッソーリ園といっても、園ごとにその特色はかなり違うものです。

ひろ室長
ひろ室長

【コラム:ひろ室長より】
私の勤務していた小学校にもモンテッソーリ教育を受けたいために、公立の小学校に籍を置きつつインターナショナルスクールに通っているお子さんもいました。
親御さんの話では、日本の学校では受けられないような素晴らしい教育に出会えるとのことでした。
日本ではまだまだ少数派ではありますが、今後は教育も多様化して、モンテッソーリ教育などの特色のある教育を受ける機会が増えてくることは素晴らしいことだと思います。

じゃあどうする? まとめ

最近では、モンテッソーリ教育に関する書籍も数多く出版されていることや、有名人がモンテッソーリ教育を受けていることなどから、関心が高まっています。

幼稚園に通わせるときには、事前に十分な情報を手に入れたうえで、しっかりと検討することで後悔しない幼稚園選びができることを祈っています。

<参考>
日本モンテッソーリ協会(学会)
日本モンテッソーリ教育綜合研究所

日本のモンテッソーリ教育の第一人者と言われる 故 相良敦子先生の本で、私が教育現場にいるときにとてもお世話になった本です。小学校でも役に立つお話がたくさん詰まっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました