【子供向け】プログラミング学習おすすめ本12冊を年齢別に紹介!

pc002_2 図書室(書評など)
悩んでいるお母さん
悩んでいるお母さん

「プログラミング学習」が小学校で必修になったという話は聞くのだけど、家では一体何をさせてらいいのやら・・・

室長
室長

そうですよね、急に「プログラミング学習」といわれても、困ってしまいますよね。

そこで、今回はプログラミングを学ぶことのメリットや、本を使った勉強のいいところなどをお話してから、実際におすすめの本を年齢別に12冊ご紹介しましょう!

  1. 幼少期からプログラミングを学ぶことの確かなメリット、必要性!
  2. 本を使ったプログラミング学習のメリット
  3. 幼児からの プログラミング学習 おすすめ本
    1. ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング
    2. 5才からはじめる すくすくプログラミンング
    3. ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング(ぼうけんキッズ)
  4. 小学校【低学年】からの プログラミング学習 おすすめ本
    1. はじめてのプログラミング(学研 まんが入門シリーズ)
    2. スクラッチ3.0でゲームを作ろう! 小学校1年生からのプログラミング教室
    3. サイバーエージェント公式 こどもプログラミング:超入門 Scratch でつくろう! 迷路ゲーム
  5. 小学校【中学年】からのプログラミング学習 おすすめ本
    1. 小学生からはじめる わくわくプログラミング2 Scratch 3.0版
    2. いちばんはじめのプログラミング Scratch3.0版
    3. Scratch3.0対応版 10才からはじめるプログラミング図鑑:楽しく学ぶスクラッチ&Python超入門
    4. Scrach3.0対応版 10才からはじめる ゲームプログラミング図鑑 スクラッチでたのしくまなぶ
  6. 小学校【高学年】からの プログラミング学習 おすすめ本
    1. できるキッズ 子どもと学ぶScratch3 プログラミング入門
    2. Scratchではじめよう! プログラミング入門 Scratch3.0版
  7. じゃあどうする ? まとめ

幼少期からプログラミングを学ぶことの確かなメリット、必要性!

今の子供たちがプログラミングを学ぶことは、子どもたちの将来においてとても大きなメリットがあります。というより、必要性があるといった方がいいでしょう。

その理由は、プログラミングを学ぶことで

「理論的思考力」「創造力」「課題解決力」

を大きく伸ばすことができるからです。

いかがですか?

皆さんのお子さんについて、この3つの能力を伸ばすことができたとしたら。将来、どんな職業に就くにしても大きな活躍の場があると思いませんか?

そうなんです、文部科学省が2020年度から小学校でプログラミングを必修化した理由はここにあるのです。

もちろん将来的なIT人材の不足に備えるという意味合いも大きいのですが、一番の理由は、将来の日本をいや世界を創っていく人材を育てるためには「理論的思考力」「創造力」「課題解決力」のどれも欠かすことができないからなのです。

本を使ったプログラミング学習のメリット

それでは、プログラミングの学習になぜ本が必要なのでしょうか?
お子さんに本を買ってあげることのメリットはどこにあるのでしょうか?

簡単にいうと
読みたいときにすぐに手にとってページを開くことができる。
本を閉じても、続きを見たくなったときに確実に見ることができる。
などなど

本は子供たちのことをいつも同じ状態で、じっと待っていてくれるのです。

だからこそ、パソコンやタブレット、スマホを使ってプログラミング をするにしても、手元には一冊の学習書が必要なのです。

パソコンなどの機械は、子供たちにとってとても魅力的なものです。

でも、子供たちは実は本が好きなのです。

だからこそ、お子さんの年齢や興味に合った本を一冊 手元に置き、その上でパソコンやタブレット、スマホに向かわせてほしいのです。

室長
室長

それでは、さっそくおすすめの本を紹介しましょう!

本は、幼児向け、小学校低学年向け、中学年向け、高学年向けに分けて紹介しているので、ご家庭のお子さんに合ったものを選んでくださいね。

本によっては、アマゾンで試し読みができるので、「アマゾンで見る」のところをクリックして、内容を確認してみるのもいいですね。

幼児からの プログラミング学習 おすすめ本

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング

ルビイのぼうけん こんにちは!プログラミング

Amazonで見る(試し読みあり)
対象年齢:4才〜11才

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

この本はフィンランドの女性プログラマー、リンダ・カウスさんが、子供がプログラミング を学ぶきっかけになればと作った絵本で、特徴としては、プログラミングのいわゆる「コード」が一文字も出てこないことです。

本の構成としては、前半が「ルビィ」が宝石集めの冒険をする絵本のパートで、後半が練習問題のパートとなっていて、この2つのパートを楽しく読み進めることで、プログラミング に必要な理論的思考を学ぶことができます。

小学校のプログラミング 教育にも対応できるような内容で、保護者の皆さんや先生方の入門書としてもおすすめです。

5才からはじめる すくすくプログラミンング

5才からはじめる すくすくプログラミン
Amazonで見る(試し読みあり)
対象年齢:5才〜7才
使用プログラミング 言語:ScratchJr(スクラッチジュニア)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

この本は「ScratchJr(スクラッチジュニア)」という無料のアプリを使って、指でブロックを組み立てて、動く絵本やゲームを作ることをとおして、プログラミング を学習するという本です。

小学校低学年向けのプログラミング教材で、全くのプログラミング初心者の子どもでも、親子で楽しみながらプログラミングが学べます。

本の発売当初、ScratchJr は iPad用のアプリでしたが、現在はAndroid用のアプリも公開されています。

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング(ぼうけんキッズ)

ビスケットであそぼう園児・小学生かた始めるプログラミング (ぼうけんキッズ)
Amazonで見る(試し読みあり)
対象年齢:園児・小学生
使用プログラミング 言語Viscuit(ビスケット)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

タイトルの通り、園児や小学生の子どもたちを対象としていて、「Viscuit(ビスケット)」というビジュアルプログラミング 言語を使います。

この「Viscuit(ビスケット)」はNTTの研究所で開発されたビジュアルプログラミング言語で、自分で描いた絵を簡単な操作で動かすというものです。

とてもシンプルな操作でキャラクターを動かせるのですが、工夫次第ではアニメーションやゲーム、絵本などを作ることができ、スクラッチなどとは一味違ったプログラミング教材です。

この「Viscuit(ビスケット)」を使ってプログラミング 学習を進める本書は、未就学児でも十分に楽しむことができる内容です。

小学校【低学年】からの プログラミング学習 おすすめ本

はじめてのプログラミング(学研 まんが入門シリーズ)

はじめてのプログラミング (学研 まんが入門シリーズ)

Amazonで見る
対象年齢:小学校低学年〜
使用プログラミング 言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

小学校5・6年生の5人の登場人物がプログラミンングをしなららゲーム作りをしていくマンガと、実際に自分がゲームを作っていくためのプログラミング の解説が交互になっていて、読み進めながら楽しくプログラミング を学べる本です。

また、マウスの使い方からScratch(スクラッチ)の始め方、そしてインターネットを使うときのマナーなど、初歩の段階で大切なことも学習することもできるので、これからパソコンを使い始めるお子さんにもぴったりの内容です。

スクラッチ3.0でゲームを作ろう! 小学校1年生からのプログラミング教室

スクラッチ3.0でゲームを作ろう! 小学1年生からのプログラミング 教室

Amazonで見る
対象年齢:小学校低学年〜
使用プログラミング 言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

Scratch(スクラッチ)を使ったプログラミング 学習の本は数多いのですが、この本は2019年度第一四半期の実売り上げ部数で第1位に輝きました。

Scratch(スクラッチ)に初めて挑戦しようというお子さんでも、遊びながら読み進めいくうちにゲームを作ることができます。

本の内容は全てゲーム作りで、9つのゲームを先生と対話しながら作り上げていくのですが、だんだんレベルアップしていくため、子供たちの達成感にも働きかける仕組みになっています。

タイトルには小学1年生からとなっていますが、本文にはルビが振っていないため、低学年のお子さんの場合は保護者のみなさんと一緒に学習していくことをおすすめします。

また、本には載っていない難しいゲームをインターネット上からダウンロードすることもできます。

サイバーエージェント公式 こどもプログラミング:超入門 Scratch でつくろう! 迷路ゲーム

サイバーエージェント公式 こどもプログラミング: 超入門 Scratchでつくろう!迷路ゲーム

Amazonで見る(試し読みあり)
対象年齢:小学校低学年〜
使用プログラミング 言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

Scratch(スクラッチ)を使って、目標時間60分の中で簡単な「迷路ゲーム」作りに挑戦していくものです。

ゲーム作りは9つのステージに分かれていて、それぞれのステージで主人公のネコの動かし方や、敵のキャラクターの作り方などを学習しながら、「迷路ゲーム」の完成を目指します。

また、アメーバブログでおなじみのIT企業であるサイバーエージェントで活躍するゲームクリエイターたちが登場し、その仕事内容なども紹介してくれます。

小学校【中学年】からのプログラミング学習 おすすめ本

小学生からはじめる わくわくプログラミング2 Scratch 3.0版

小学生からはじめる わくわくプログラミング 2 Scratch 3.0版

Amazonで見る(試し読み)
対象年齢:7才〜12才
使用プログラミング言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

この本の特徴としてまずあげられるのは、各教科(算数、理科、総合、音楽、図工)に関連したプログラムづくりを楽しめるところです。

Scratch 3.0ならではの拡張機能を作品づくりに取り入れていて、教育用のマイコンボードとして人気の高い「micro: bit」とScratch(スクラッチ)を連携させる応用作品についても説明されています。
本書は入門書というより、入門書を終えて少しステップアップしたお子さんに向いています。

また、プログラミング教育に興味を持っている保護者のみなさんにもおすすめです。

いちばんはじめのプログラミング Scratch3.0版

いちばんはじめのプログラミング Scratch 3.0版
Amazonで見る(試し読みあり)
対象年齢:8才〜(小学校3年生〜)
使用プログラミング言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

本書では、序章の「スクラッチをさわってみよう」から始まり、劇作り、音を鳴らす、ゲーム作りなど6つの楽しい作業をとおしてプログラミングを学んでいきます。

後半ではシューティングゲームなど、子どもたちにとっては本格的なゲーム作りも味わうことができます。

また、公式のサポートページが用意されていて、先生の見本ゲームで遊んだり、様々な素材をダウンロードすることもできます。

Scratch3.0対応版 10才からはじめるプログラミング図鑑:楽しく学ぶスクラッチ&Python超入門

Scratch 3.0対応版 10才からはじめるプログラミング 図鑑:楽しく学ぶスクラッチ&Python超入門
Amazonで見る
対象年齢:10才〜
使用プログラミング言語
Scratch(スクラッチ)とPython(パイソン)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

カラフルなイラストを使い、わかりやすく丁寧に書かれているのが本書の特徴です。

内容としては、まずプログラミングについての説明があり、その次にScratch(スクラッチ)を使った学習が始まります。

Scratch(スクラッチ)を使った学習では、変数や文字列、座標、条件と分岐などを扱っています。

その後、Python(パイソン)についての学習に移り、入力と出力や、変数と関数、バグとデバッグなどというように発展していきます。

Python(パイソン)の学習では、プログラムコードを使った学習になるので、Scratch(スクラッチ)では物足りなくなってもう一歩踏み込みたいというお子さんに向いています。

Scrach3.0対応版 10才からはじめる ゲームプログラミング図鑑 スクラッチでたのしくまなぶ

Scratch 3.0対応版 10才からはじめる ゲームプログラミング 図鑑 スクラッチでたのしくまなぶ
Amazonで見る
対象年齢
:10才〜
使用プログラミング言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

ゲームづくりに挑戦する小学校5年生の主人公と一緒に、アクションゲームやレーシングゲーム、「迷路」や「音」を使ったゲームまで、8種類のゲームを作りながら楽しくプログラミングを学習することができます。

全ページカラーで作られていて、漢字には全部ふりがながついているので、子どもたちにとってはなじみやすく、慣れてきたら自分だけでどんどん学習を進めていくことができます。

また、基本形を発展させて自分だけのオリジナルゲームに作り替える方法もゲームごとに書かれているので、子どもたちの創造力を高めることにもつながります。

小学校【高学年】からの プログラミング学習 おすすめ本

できるキッズ 子どもと学ぶScratch3 プログラミング入門

できるキッズ 子どもと学ぶ Scratch3 プログラミング入門
Amazonで見る
(試し読みあり)
対象年齢
:小学校高学年〜
使用プログラミング言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

インプレスの人気入門書で、1994年にスタートした「できるシリーズ」の本。

「できるシリーズ」ならではの読みやすさが子どもたちにとってもありがたいところです。

内容としては、11種のゲームを作りながらプログラミングの基礎から学んでいくというものです。

ゲームは、アクションゲームやリズムゲーム、クリックゲームなど、最後には本格的なインベーダーゲームなどが題材になっていて、「繰り返し処理」や「変数」、「配列」などプログラミングの概念を身に付けることができます。

また、プログラミングの概念について詳しく学ぶページも用意されているので、子どもだけでなく大人も一緒になって学ぶことができる内容になっています。

さらに付録として、「micro:bitを使ってみよう」というコーナーがあり、小型のコンピューター教材「micro:bit」とScratch(スクラッチ)を連携させる方法も詳しく解説してあり、「micro:bit」をゲームのコントローラーにできるコードなども紹介されています。

Scratchではじめよう! プログラミング入門 Scratch3.0版

Scratchではじめよう!プログラミング 入門
Amazonで見る(試し読みあり)
対象年齢
:13才〜15才
使用プログラミング言語Scratch(スクラッチ)

研究員のヒロ文
研究員のヒロ文

本の構成は、16のステージをクリアしながら本格的なシューティングゲームを作ることを通して、プログラミングを楽しく学習できるようになっています。

16ステージ目のボーナスステージでは、プログラミング教育用マイコンボードの「micro:bit」を使ったゲームコントローラー作りも楽しむことができます。

また、本書ではScratch 3.0(スクラッチの最新版)の使い方を学ぶことに加え、情報量の豊富なScratch(スクラッチ)のサイトの活用法を身につけられることも一つの利点です。

プログラミング入門とタイトルにはありますが、内容のレベルも情報量も決して低くはないので、ある程度Scratch(スクラッチ)に馴染んでから本書に進むという流れが適しています。

じゃあどうする ? まとめ

室長
室長

今回は子供たちのプログラミング学習をご家庭でするめるための「おすすめ本」をご紹介したけど、いかがでした?

悩みが解決しそうなお母さん
悩みが解決しそうなお母さん

私もアマゾンで検索してみたのだけど、あまりにもたくさんありすぎて、どれを選んでいいのかわからなくなってしまったのです。

でも、こうやって年齢別におすすめの本を紹介してもらえると、本を選ぶときの目安になって、とても助かりました。

本を使った学習といっても、本だけでプログラミング学習を完結させることは難しく、当然のようにパソコンやタブレット、スマホなどが必要になってきます。

本を買ってお子さんに与えるだけでは学習は進みません

じゃあどうする ?というわけで、ご家庭でのプログラミング学習のコツとしては、やはり、ある程度、保護者の皆さんがお子さんと一緒に学んでいくという姿勢が大切だと思います。

特にプログラミング学習を始めたばかりのときには、どうしても小さなつまずきからプログラミングを嫌いになってしまうお子さんがいます。

プログラミングの楽しさに出会う前につまずいてしまうのは、とてももったいないことです。

ですから、ある程度の期間は親子で一緒に楽しみ、意欲が定着してきた頃を見計らって、お子さんに任せていくような姿勢が必要だと思います。

そして、さらに学習が進んだら、定期的にその進み具合を確認して褒めてあげることが、次のステップへつながっていきます。

「任せっぱなし」や「つきっきり」ではなく、お子さんの年齢やその時々の状況によってうまく距離感を保っていくことが大切ですね。 

室長
室長

工作好きのお子さんには、プログラミングロボットなどもおすすめですよ。

下の記事にまとめてあるので、よかったらご覧ください。

室長
室長

このHPはこちらで運営しています。
↓    ↓

エックスサーバー エックスドメイン

安定感バツグン!
とってもおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました